のれぺん

愛猫のれの日常、ときどきカメラと文房具

ブログタイトル



※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

「のれぺん」からのお知らせ

 

ご無沙汰しております。前回更新したのが6月8日、7月は1度も更新出来なかったので2ヶ月以上空いてしまいました。

 

仕事が忙しい+精神的に弱っていて更新どころではなかったのが本音です。

今日は更新出来なかった理由についてお話ししたいと思い更新に至りました。

 

最後までお付き合いいただけますと幸いです。
 

 

更新できなかった理由はー

 

愛犬たちの体調不良です。

 

5月1日で15歳になった愛犬メロディー

今まで足の怪我で2度の手術はしましたが、回復し元気に過ごしてきました。

大きな病気は1つもしてこなかったメロディーですが、6月12日に初めて痙攣発作が起こってしまいました。症状は以下の通りです。

 

発作の症状 ▼


◇舌を出し全身痙攣 ※舌の色が紫色に変色→発作後ピンクに戻りました

◇痙攣中ちっち+うんぴが出てしまった

発作は数分間で治まりました。

 

パニックになりずっと名前を呼び続けていましたが、あの数分間はなんだったの?と思うくらい愛犬自身は何事もなかったかのように普段通りに戻りました。

 

病院で診てもらうと、【突発性痙攣】との診断でした。

初めての発作は「てんかん」とは診断しないとのこと。

 

この時、担当医の先生はお休みだったので他の先生に診てもらったのですが数ヶ月ぶりに腹部を超音波検査してみると胆嚢の病気が発覚しました。

病名は【胆嚢粘液嚢腫】

 

酷くなると胆嚢摘出手術となりますが、高齢で麻酔のリスクが伴うので現在は胆汁の流れを良くする利胆剤の服用で様子を見ている状況です。

また発作に関しては抗けいれん薬を頂き帰宅しました。

 

発作を抑える薬を処方された分飲んでから2週間後のことー。

再び全身痙攣が起こってしまいました。

 

我が家が先代の愛犬達の時からずっとお世話になっているかかりつけの病院まで電車で30分なので何かあった時にと座薬も処方して頂いていたので、座薬を投入し数分で治りました。

 

担当医の先生の診断は脳の病気とのこと。

MRIは全身麻酔での検査、検査したとしても診断しにくいらしく年齢のことも考えるとこのままストレスなく過ごした方がいいのではないかとのお話でした。

 

先代わんこのクッキー&ミルキーは台風+低気圧の時に虹の橋へと旅立ったので時期的な問題が原因なんじゃないかなと頭をよぎりました。

現在(※8月24日時点)も発作を抑える薬を服用中です。

 

抗けいれん薬を飲んでいても発作は起きています。

6月12日に初めて痙攣発作が起きてから今日まで計8回の発作があり、酷い時は1日に2回ということもありました。

 

メープルにも異変

ここ2-3日目が左右に揺れまっすぐ歩けないという症状が出てきたので診てもらいました。

もしかしたら『耳が原因』かもしれないとのことで血液検査をし来週結果を聞くことにー。

 

おわりに

 

簡単にお話しすると言っておきながら長くなってしまい申し訳ありません。

 

愛犬たちはそれぞれ問題を抱えてはいますが、食欲はモリモリあり今までと変わらず過ごしています。また愛猫のれも元気ですのでご安心ください!

 

このところ色々ありすぎてやる気が起こらず精神的にもやられていた訳ですが、私れのは食欲だけは落ちていないのでバテてはいません。

 

ブログ更新のネタは溜まっているのですが、気分が乗らずなので2ヶ月以上も放置してしまいました。 楽しみに待ってくださっていた方々、申し訳ございません。

⚠ 誰も待ってないですよね。笑

 

今後の予定としてはなんとか最低でも1週間に1回は更新していけたらと思っています!ブログ更新が気分転換になると前向きに考えたいです。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ランキングに参加中。

皆様の応援が励みになります!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村